« 次世代ワールドホビーフェア | Main | モンハン4G »

January 27, 2014

0.2g

いや~、この前enRouteで撃って以来、どうしたもんかと悩んでいまして。
的の前で弾がふわっと浮くように動く件。
やっぱりホップアップがよくないのか、18歳以上のモデルにすれば解決するのか・・・。

ホップの有無についてはWebで調べてもどうもはっきりしないんですよね。
はっきりしているのは、
・ホップアップは飛距離を伸ばすための機能であること
・精密射撃を行うASPカップの指定銃はノンホップであること

で、ホップアップ(有・無)、18歳以上モデル・・・で調べていました。
種類はハンドガンで。
でも電動は高いし、ガスは避けたい。
となるとエアコッキングなんですが、連射が効かない。

でもまぁ、安いし、センチメーターマスターならホップありとなしの両方がラインナップにあります。
特にホップなしのものは定価でも2,000円程度とかなりのお買い得。
これでもし“ハズレ”でもそれはそれでいいか~、と腹をくくってエチゴヤに行ってみました。

・・・が、やはり主流ではないのか、ホップありのモデルしかありません。
3,000円を切る値段なので買ってしまってもよかったのですが、参考までにとお店の方に聞いてみたところ、
・的までの距離が10mで電動ブローバックで0.12gを使うとちょうどその辺でホップすると思う
・0.2gなら飛距離は短くなるがホップもそれほど効かないはず
・サバゲーでなく屋内射撃ならそれでも楽しめるのでは?
・ホップが効きすぎると本来の狙いよりも下に向けて撃つことになり、「狙う楽しさ」が半減してしまう
とのこと。
な、なるほど~(>_<)

本来、電動ブローバックでは0.12gを使うように説明書には記載されています。
それはホップアップシステムの目的である飛距離を伸ばす(パッケージに記載されている25m以上を実現する)ためであったり、あるいは耐久性の問題もあるのかもしれません。
でも自己責任の範囲で短距離での命中精度を求めて(=飛距離を犠牲にして)0.2gを使うというのもありなんでしょうね。
(※あえて「自己責任」を強調するのは、お店の人がメーカー非推奨の使い方を積極的に勧めているということになるとまずそうだなということです)

というわけで、エアーコッキングは買わずに0.2gのBB弾4000発(!)とボトルを買ってきました。
4,000発ってどうなのよ?!と思いましたが、これが一番お得そうだったので(^^;
これでもしダメならエアコキ買えばいいしね!(笑)

う~ん、明日の帰りにでもレンジ寄ってきちゃおうかなぁ(^^)

|

« 次世代ワールドホビーフェア | Main | モンハン4G »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 0.2g:

« 次世代ワールドホビーフェア | Main | モンハン4G »