« 今日は何の日? | Main | FET内蔵化とホルスター »

February 26, 2014

分かる方、いますか?

どうにも理解ができない事象に出くわしたので書いておきます。

次男が幼稚園で科学遊びをしたらしく、磁石を持って帰ってきました。
細いリング状の磁石なのですが、落として折ってしまったのです。
妻が、「破片があると危ないから、割れたのを集めて」と子どもたちに集めさせ、拾い残しがないかを確認するために断面を合わせていきました。
すると、断面はぴったり合っているはずなのに反発してしまうのです。
私はてっきり「割れた磁石は分割面がS極とN極になる=引き寄せあう」と思っていたのでびっくりしました。

そこで、残っていた磁石で追実験をしました。
磁石はφ5mm程度の円柱状で、それが弧状になっています(元がリングだったので)。
その両端を方位磁針に近づけてN極とS極を特定し、N極に目印のテープを貼っておきます。
そしてその磁石を2つに割ります。
万力で軽く挟んで折ったところ、3対1くらいの長さの比で割れました。
長いほうが目印のテープを貼ったほうです。

二つの磁石の断面を近づけるとやはり反発します。
その状態で再度、方位磁針に近づけたところ、テープを貼った側(=長い側)に極性の変化はありませんでした。
そして短い側の磁石を方位磁針に近づけたところ、確かに極性が反転していました!
つまり割る前にS極だった端はN極となり、割れた断面端がS極となったのです!!

Webでざっと調べてみても、当初の私の認識どおり、「割れた面はS極とN極になる」というものばかりでした。
しかし現に目の前で起きたのは、「割れた面が同極になる」という現象。
これは一体どういうことなのでしょうか??

磁石の詳しい種類(ネオジウムとかなんとか)はわかりません。
N極とS極の特定についても、方位磁石の磁力はさほど強くなく、中央部分がひっぱられるなど、やや怪しい面も確かにあります。
ですが、「割れた面が反発しあう=同極になった」というのは事実だと思っています。

この理由、分かる方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

|

« 今日は何の日? | Main | FET内蔵化とホルスター »

Comments

リング状の状態で上半分がS極、下半分がN極といった構造になってたのではないでしょうか?

棒磁石を縦に割る(N極側の端部中央からS極側の端部中央を通るようにぶった切る)と断面同士が反発しますから、それと同じではないかと。

Posted by: UE村工房 | March 02, 2014 10:47 PM

>UE村工房さん
さきほど実物で確認したところ、たしかにリングの上下に極が出ていました。
折れた断面も、上下にひっくり返せば引き合いましたので、おっしゃるとおりのことが起きています。
言われてみれば、もともとリング状なわけですから周方向に極が出るわけはないんですよね。
ようやくすっきりしました。
ありがとうございます!

Posted by: B.W | March 03, 2014 12:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 分かる方、いますか?:

« 今日は何の日? | Main | FET内蔵化とホルスター »