« FET内蔵化とホルスター | Main | エアーリボルバー »

March 09, 2014

ホルスター完成

今日はATPF KT2の定例会・・・だったのですが、午前中は家を空けられない用事があったために参加できず。

ですが、ようやくホルスターができあがりました。

20140309_01

ベルトも自作です。
はじめは100円ショップで買ってきたGI作業ベルトを使ってみたのですが、ねじれてしまって銃が抜けませんでした。
そこで、市販のベルトを参考にしてもう少し幅広のベルト(これも100円のGI作業ベルト)を2本使い、その間に樹脂の板を挟むことにしました。
樹脂の板はこれまた100円ショップで売っている「まな板シート」。
ポリプロピレンの薄いシートですが、これをベルトの幅に切り、3枚分重ねて貼り付けました。
接着にはコニシのGPクリヤーを使用。
最初はホットボンドを使ったのですが、ペリペリとはがれてしまいました。

で、ホルスターのほうですが、なんでこんな形をしているかというと・・・。

20140309_02

これも100円ショップのまな板、それもお魚型を使っていたから(^^;
ネタとしてそのままの形でもいいかなぁと思ったのですが、お魚の顔の部分が太ももに当たってしまうので切ってしまいました。

銃を入れるとこんな感じ。

20140309_03

そのままひっぱるとトリガー部分のロックにややひっかかる感じがあるのですが、抜く際に魚の尾に当たる部分、ベルトを押さえているところを親指で押すようにして抜くとすんなり抜けます。
指が当たりそうな部分はヤスリで角を落としたり、皿ネジで頭を埋めたりしています。

で、午後からenRouteで試用&練習。
腰に下げたときの高さや角度もちょうどよく、腕を下ろしたときに自然とグリップに手が行きます。
そこから親指でベルト部を押さえつつ、中・薬・小指でグリップを抜く感じ。
・・・楽しい、これ(^^;

先日、「正確に狙う練習をしていれば自然とタイムは縮まってくる」とアドバイスいただいたので、今日は抜いた後の1発目をしっかり当てることを念頭において練習しました。
もちろん2発目以降もサイトを使ってしっかりと狙います。
たしかに、外して撃ち直すよりもタイムは短くなってます。
これで練習を重ねていけば、ATPFステージ1のタイムはかなり縮められるはず。
これができるようになったら多少動きながら狙う練習も入れていけばいいかな。
まずは4月の定例会で60秒をきることを目標にがんばってみます。

そういえば、このFETスイッチも初使用でした。
もちろんトラブルなく、動いてくれましたよ。
ET1、NEOX両方のバッテリーが使えたので、1時間みっちりと練習することができました(^^)v

|

« FET内蔵化とホルスター | Main | エアーリボルバー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ホルスター完成:

« FET内蔵化とホルスター | Main | エアーリボルバー »