« 再購入 | Main | 超初心者のためのロボット自作入門 »

March 07, 2015

PXYその後

先日購入したG-Forceの超小型クアッドコプターPXYですが、ようやく1分近く滞空させることができるようになってきました。
いや、部屋がもう少し広ければもっと長い時間いけるんでしょうけど(^^;

内蔵ジャイロのキャリブレーション機能もついているのですが、たいてい前後左右どちらかにす~っと流れてしまいます。
それをその場にとどめるように右レバーでちょこちょこと調整します。

加えて、上下方向にも動いてしまいます。
ある高さでぴたっと止まることはなく、す~っと下がっていくか上がっていくか。
左レバーをちょこっと操作すると一気に床近くまで落ちていってしまい、あるいは天井近くにまでふわっと持ち上がります。
前後左右よりもこっちのほうが難しいかもしれません。
ちょっと緩めてすぐに上げる、の繰り返しをすることである高さ範囲におさめるようにします。

フリップ(宙返り)も何度かできました。
これはさすがにもう少し広い場所でやらないと、フリップ後に通常ホバリングに復帰できません。

壁や床、天井などに何度もぶつかっているので、プロペラも端が折れ曲がったりしていますが、いまのところ交換なしで飛んでいます。
予備として4個付属しているのですが、対角の2個が共通なので、モーター1個あたりの予備プロペラは実質2個だけです。
けっこう遊べているので、今度秋葉原行ったときに予備を買ってこようと思います。
本体を買ったときには「すぐに壊れて遊べなくなったら無駄な出費になる」(&4つ予備が標準添付)と考えて、予備プロペラは買わなかったのです。
本体は期間限定価格だったようですが、予備プロペラは値上がりしてなければいいなぁ。

懸念していたバッテリーのもちも、最近はそんなに気にならなくなりました。
慣らしができたのかな?
充電時間もそんなに長く感じません。
じ~っとにらみながら待っていたら長いかもしれませんが(^^;
何か他のことをやっていればすぐです。

なかなかに楽しいです、これ(^^)

|

« 再購入 | Main | 超初心者のためのロボット自作入門 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PXYその後:

« 再購入 | Main | 超初心者のためのロボット自作入門 »