January 28, 2015

DVD&10式&Android

AmazonからHi☆sCoool! セハガールのVol.2 DVDが到着。

20150128_01

発売日前後に熱を出して寝込んでいたこととすでにWebで見た回なので、品切れ状態だったのですがVol.3と一緒に注文していました。
ついうっかり「一緒に発送」で注文してしまったために入荷後も発送されず、先日ようやく気がついて設定を変更、本日の到着となりました。
「本編46分+特典映像約5分」とありますが、何が入ってるんだろう?>特典映像

***

プラモデルのほうは日曜日にウィングガンダムにトップコートをスプレーして完成。
続いてフジミ模型の「ちび丸ミリタリー 10式戦車」を作り始めています。

20150128_02

「ちび丸シリーズ」の第1弾となる10式戦車ですが、デフォルメされたかわいいサイズです。
迷彩塗装はできないので、部分塗装にする予定。
接着剤不要のスナップオンキットなので、さくさく組み立てていきたいと思います。

***

仕事のほうでいろいろとあり、プログラミングに関してもっと勉強しなければなと実感しました。
業務だけに追われていると、世の中から取り残されてしまう感じがします。
まずはちょっと手をつけていたAndroidをもう少し「使えるレベル」にするために勉強継続しようと思います。

で、調べてみたら開発環境としてEclipseではなくAndroid Studioというものになってきてるのだとか。
早速、家のPCにインストールしてみましたが・・・重い(^^;
Eclipseよりも軽い、というようなWeb記事も見た気がするのですが、PCスペックが低すぎるのかなぁ。
サンプルプロジェクトを作ってみましたが、エミュレータで実行するところまでいけませんでした。

でもまぁ、勉強自体は続けてみようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2014

シャッフル機能追加

Wireless Target Systemにシャッフル機能を追加しました。
赤LEDがついたターゲットを撃つと、ランダムで次のターゲットが決まります。

このシャッフル機能、どうやってシャッフルすればいいのかわからなかったせいで実装できなかったのですが、先日買った日経ソフトウェアにFisher-Yatesアルゴリズムが紹介されていたおかげで実装できました。
表紙のユニティちゃんに釣られて買ったのですが(笑)
ただ、5個のターゲットのうち、No.2または3から始まることが多いような気がします。
確率的にそんなもんなんですかね?

明日は早めに帰宅して、これで遊びに行く予定です(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2014

とりあえず・・・

Bluetooth処理をサービスに持っていって、エラーがない状態にまではなりました。

ただ、これがこのまま動くとは限らない(笑)
というか、たぶん無理(^^;

BluetoothChatServiceからの戻りって元はActivityになってたけど、Serviceにかえても動くのかなぁ?
もっと調べてみる必要がありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2014

おおぅ・・・orz

ロボサバ用に「Bluetooth処理とゲームパッド処理をバックグラウンドサービスに実装する方法」を試行錯誤していてわかったこと。

ゲームパッド処理(キーイベント)はサービスでは取得できない

・・・orz
まぁ、考えてみれば「それもそうか~」という感じ。

さて、どうしようか。
ゲームパッドのボタンのON/OFFをマイコンでつかまえて、シリアル⇒USB変換してWireless Target SystemでやったようにAndroidに取り込む形かな?

とりあえずBT処理だけでもバックグラウンドサービスで動かせるようにするのが先決かな。
あとはなんとかなるでしょ(^^;

#ブログのカテゴリーに「Android」というものを作っていたのを先ほど思い出しました(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2013

タブレットのアップデートとリンク機構のテスト

今日はまずタブレットのOSアップデート。
サポートページで公開されてからそのうちやろうやろうとは思っていたのですが、ついに決行して無事に完了。
フォントも見やすいものに変わって大満足。

リンク機構のテストをするためにタミヤの電池ボックスを探してショッピングセンターのおもちゃ・文具コーナーに行ったのですが、いわゆる理科教材のものしかありませんでした。
そこで100円ショップへ。
電池で動くものがあれば分解して電池ボックスとして使ってしまおうという目論見だったのですが、こちらは嬉しい誤算。
USB Chargerとして単3電池2本で5Vを出力してくれる商品を発見。
2本で5Vということは昇圧回路が入っているんでしょうから、これで100円はお得かと思って3個買ってきました(^^;
一つは早速分解して電池ボックスへ(笑)
でもこれ、本当にちゃんと5V出してくれるなら、電源ユニットとして使えそうです。
モーター電源として電池の電圧そのまま出して、マイコンなどへは5Vを出すという2系統が簡単に作れるので。

ということで、リンクの動作確認ができたので反対側の作成に取り掛かりました。
とりあえず今日のところは部品の貼り合せまで。
明日、穴あけと組み付けですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2013

タブレットマスコット

ペーパークラフト部分ができあがったので写真をアップ。
20130217_01_2

タブレットPCの端っこに”ちょこん”と腰掛けるマスコットが欲しかったのです。

20130217_02_2

で、コイツをある程度 自由に動かして、

「やぁ!」
20130217_03_2

とかやりたいわけですよ。
せっかく加速度センサとかついてるので、傾けたら落ちないようにバタバタするとかね。

当初はかわいい女の子のキャラでも・・・と思ったのですが、自分にはそこまでのデザイン能力はなく、角ばった面を張っていくうちに甲冑っぽい(?)デザインになってしまいました。
にしても・・・ちょっとデカいですな(^^;
やっぱりもう一回り二回りくらい小さいのがよさそうです。
けっこう苦労して組み上げたんですが・・・どうすっかな。
まずはこれで動かしますかね。
せっかくメタセコイアにも慣れてきたし、もっとモデルを作っていたい気もしますが(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2013

ペパクラ原紙印刷

ふ~、なんとかペーパークラフト型紙(?)の印刷までこぎつけました。
やたらとパーツ分割されてしまう原因は、面構成もそうですが、頂点がうまく結合されていなかったりしたのもあったようです。
調整して、こちらが意図したパーツ分割以外での分割は起こらないようにしました。
明日、これを切って貼って組み立てる予定。
けっこう細かい作業になりそうです(^^;

***

これとは別件で、AIDEを使ってAndroidアプリを作っているのですが、無料版ではプロジェクトの規模に制限があるんですね。
Webのサンプルを写しながら試していたのですが、ソースファイルを3つ作ったところで「これ以上保存したかったらプレミアム版を買ってね」(意訳)と言われてしまいました。
999円なので、買ってしまってもいいんですが・・・考え直してみたら、やりたいことはサンプルコードの一部分だけで、それだけならそんなに大規模なプロジェクトにならないかなと。
とりあえずは無料でできる規模で粘ってみようかなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2013

メタセコイア

引き続き3Dモデリングツール「Metasequoia」(メタセコイア)を使ってモデリング。
昨日はどうもうまく形が作れなくてモヤモヤしてましたが、今日は頂点のそろえ方などの操作が分かったおかげでだいぶイメージに近い形が作れるようになってきました。
やっぱりこういうのは教科書だけでも実地だけでもダメですね。
何か明確な目的を持って、適切な教科書(最近はWeb記事も有効ですね)を使って、ひとつずつ試しながら進んでいくのがいいみたい。

あまり複雑な形にしてしまうとペパクラデザイナーでペーパークラフト化したときにやたらと細かく分割されてしまったり、小さすぎて作れなかったりするので、様子を見ながらほどほどがいいでしょうね(^^;
今週いっぱいはこのへんをいじくりまわして、週末に作るとしますか。

・・・この記事、カテゴリー「Android」でいいんだろうか(笑)

明日は大雪でJRも本数を制限するとか。
こみそうだなぁ・・・(-_-;)
今日はこのへんで切り上げて寝るか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2013

サンプルプログラム不発

Android Firmataは結局サンプルプログラムをインポートした状態ではコンパイルにまでこぎつけられませんでした。
どうもライブラリが組み込めなかったようです。
Eclipseはよくできた開発環境ですが、ちょっとしたところに変なクセがあるようです。

そこで、解説やサンプルプログラムを見ながら、1から作ったプロジェクトにコピペなどをして動かしました。
とりあえず必要なのはRCサーボの制御。
実際、何ch動かせるのかがよくわかりません。
Arduino Unoの基板にはPWM出力可能なポートがシルクで印刷されているのですが、全部RCサーボ用にも使えるのかなぁ?
Firmataがどんな風にタイマを使っているのかまで見れば分かるんでしょうけど、面倒なんで(^^;
手元にあったGWS PICOは5個だったので、5chは動かせることは確認しました(No.3, 5, 6, 9, 10)。

というわけで、次のステップに進むことにして、Metasequoiaで3Dお絵かき。
ここからペパクラデザイナーといういつもの流れでペーパークラフト化する予定です。
強度が足りないところはプラ板を貼るくらいにして、基本は紙で。
さてさて、うまくいきますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2013

サンプルプログラムでの動作確認

ArduinoのUSBコネクタは交換せず、裏側から配線してスイッチサイエンスで買ったマイクロUSBコネクタ基板につなげることにしました。
この基板上でId-GNDをつないでおけばそのままホストケーブルになりますし。
ただ、この基板が少し大きくて、充電プラグと干渉してしまうのは誤算でした(^^;
う~ん、やっぱり今後考えないとダメか~。

まぁ、とにかくタブレットにArduinoを接続できたのでサンプルプログラムを動かして・・・と思ったら、AIDE上でエラーが出て実行できず。
むむ~?
ダウンロードしてきたそのままなんだけどな。
時間も遅いので、コンパイル済みのファイルをダウンロードしてきてインストール、実行!
つないであったGWSのPICOを動かしてみました。
動いてはいるけど、どうもぎこちないな(^^;
一度ケースを開けてハーネスの出し位置を変えたときにおかしくなったかな?
別の新品を出してきて接続、こちらはそれほど変な音もせず。
でも片方は可動域以上の信号が入っちゃってる感じだな。
この辺は要調整。

あとは週末にAndroid側の状態を見直すことにしますかね。
なにはともあれ、とりあえずは動きましたってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)