July 19, 2014

艦これRPG

昨日本屋に行ったら「艦これRPG」なるものを発見。
おぉ~、河嶋陶一朗&冒険企画局のTRPGじゃないですか(^^;
見ると他にもけっこう新作が出ている感じ。
TRPGを離れて結構経ちますが、新作出てるんですねぇ。
オンラインゲームの流行ですっかり消えてしまうかと思ったりもしましたが、需要はあるようです(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2011

好みが偏っているので仕方ない、のかな

久しぶりにTRPG関連のサイトやサークルのサイトを見てみましたが、手元に残したシステムはどこでもあまりプレイされていないものばかり・・・(^^;

そういえば先日「りゅうたま」のメルマガが届いてたな。
ものすごく久しぶりでしたが、まだ続いてたんですね(^^;

私が持っている「りゅうたま」のイメージって、「東海道中膝栗毛」なのかな。
固定値が少ないので達成値がばらつくんですが、そこが「素人っぽい」感じが出てるかなと思うんですよね。
だから“ゴリゴリと達成値を上げてなんとしても判定に成功する”というよりも「あ、失敗しちゃったw」でいいというか、それを楽しむというか(以前もこんな内容の記事を書いた気がしてきたw)。

出かけた先で○○物産館みたいなところがあって、「△△体験!」みたいのがあったりするじゃないですか。
その土地土地の名産や特産をちょこっと体験できるみたいな感じの。
たいていはすでに下準備されていてほとんど失敗することはないというのが多いと思いますけど。
「○○さん、手先器用だからちょっと挑戦してみなよ!」
「え~、うまくいくかな・・・あ!」(失敗して大爆笑)
「簡単そうに見えるけど、実際は大変なんだね~」
みたいなノリがいいなぁと思うんですが、こういう雰囲気のシナリオとかって作る人&遊びたがる人はあまりいないんでしょうかね。
旅ではないですが、「よつばと!」みたいな日常ノリとか。
以前、TRPG SNSで「Aの魔法陣」(Aマホ)を使って「よつばと!」やったときは面白かったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 11, 2011

そういえばTRPG

ふと思い立ってTRPG関連のサイトなどを回ってみました。
う~ん、2009~2010年あたりで更新が止まっているサイトがけっこうありますねぇ・・・よそのことは言えないけど。
TRPG SNSは移転したようで、ログインできなくなってました(^^;

2009~2010年あたりは新作もどんどん出ていて、盛り上がってる感じがあったのですが、最近また静かになっちゃったのでしょうか?
私が離れていて流れを感じていないだけって可能性も大ですが。

実は2,3ヶ月前にルールブックやリプレイを整理し、ほとんどをイエローサブマリンで売ってきました。
残っているのは「バトルテック&メックウォリアー」、「真・女神転生 覚醒編」、「りゅうたま」、「セイクリッド・ドラグーン」、「エムブリオマシンRPG」、「Aの魔法陣」です。
あ、けっこう残ってるな。
「ギガントマキア」もありますが、HOBBY JAPANのはイエローサブマリンで買い取ってもらえないと聞いたような気がしてそもそも持っていきませんでした。

「いまプレイしたいか?」と言われると、「う~ん・・・特には」というのが正直なところなのですが、ポケモンカードゲームをやりはじめてから思い出したというか。
エムブリオマシンはまだほとんど遊べていないのでメカ戦だけでもやりたいですけどね。
遊びまくっていたあの時期ほどにはやらないと思いますが(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 16, 2011

[MHP3][TRPG?] 「一狩り行こうぜ!」はリプレイ

昨日、帰宅すると長男が「一狩り行こうぜ!見た」というので、そういえば放送日だったと思い出して夕飯後に見ました。
モンハン好き芸能人がプレイして楽しむ姿を放送するという「出演者がまるまる役得」な番組なわけですが、ふと気がつきました。
これって、TRPGのリプレイと同じですよね?
あるものの楽しさを未経験者に伝えるために、実際にやって楽しんでいるところを見せる。
「あー、俺もやってみたいなぁ」と思わせる。
なるほどね。

ちなみに、昨日の放送を見て「太刀、おもしろそうだなぁ」と思い、さっそく作ってやってみましたが難しいですね(^^;
練気ゲージを維持するのが大変。
下手に気刃斬りを狙いに行くと返り討ちにあうし(^^;
でも調子に乗っていくつか太刀を作っていたらお金ががっつり減ってましたw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2010

[TRPG] 遊びまくってます(^^;

え~、新年のご挨拶もせず、長らく放置状態でした(^^;
TRPG SNSの方にどっぷりと入り浸っておりまして。
今月はすでに5セッション、SW無印(Skype)、ARA、ALG(オリジナルシナリオ)、ALG(シナリオクラフト)、デモンパ(Skype、キャンペーンプレセッション)に参加しました。

SW無印は昨年12月から続いていたショートキャンペーンの最終回。
Skypeでの本格的なセッションは初めてでしたが、だいぶ慣れてきて、Skypeセッション自体にも抵抗がなくなってきました。

ALG、それもシナリオクラフトが初体験できたのは嬉しかったですね(^^)
しかもGMをやりまして、PLのみなさんのおかげでとても楽しいセッションになりました。
オリジナルシナリオのほうは別の方のGMで、私はPL参戦。かなり好き勝手やらせていただきました(^^;

そしてデモンパ。出戻って最初に買ったシステムで、うちで一番サプリがそろっているんですが、なかなかプレイの機会がありませんでした。
今回、キャンペーンに誘っていただきまして、あれよあれよという間に参加決定w
こちらもSkypeでのセッションですが、ほかのPLのみなさんが慣れていることもあって、「初めまして」と言い忘れるくらいに自然に遊んできました(^^;

来月はこのデモンパキャンペーンのほかに、ARAの単発と、ALGのシナリオクラフトに参加予定。さらにDX3サプリ「パブリックエネミー」が発売されたらDXのシナリオクラフト卓も立つんじゃないかなぁと思います(私が立てるかもw)。

というわけで、このブログではほとんどTRPGネタは書かなくなりそうな感じです(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2009

[TRPG] オンセにて活動中!

最近、こちらにすっかり記事を書かなくなってしまいました。「こちらに」というのは、TRPG SNSの方には毎日のように日記を書いているから。SNS内でやったセッションについては外のブログに書きにくいので、どうしても中だけになっちゃうんですよね。

今週は月曜から木曜まで毎晩オンラインセッションでした。それもアリアンロッド(ARA)のテキストチャットオンセと、ソードワールド(SW)(2.0ではなく旧版の方)のSkypeオンセの2セッション。日程調整で他の参加者の方にご迷惑をおかけしてしまいましたが、どちらも楽しかった!(^^) SWの方はショートキャンペーンとして続くようなので、そちらも継続して参加する予定です。

そして実はダブルクロス3rd(DX3)のシナリオを作ったので卓を立てようとしたのですが、上記2セッションがあったために日程が合わず中止に。PLさん同士でも微妙に日程がずれていたりしましたが、参加希望を出していただいた方には申し訳ないことをしてしまいました。

現在はDX3の別シナリオでのセッション日程調整中です。DX3初GMですが、かなりのネタシナリオです(^^; それとARAのシナリオも検討中。どちらもどどんとふなので、セッションに使う画像を準備したりしています。シナリオ書くよりもこちらのほうが時間がかかったりして(笑)

そんなわけでオンラインで楽しくセッションしております(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2009

[TRPG] シノビガミ初セッション終了!

10月半ばからプレイしていたシノビガミセッションがついに終了!
いや~、楽しかったです!!

時間が時間なので詳しくはまた別の機会に書くとして、まずは「楽しかったセッションの報告!」ということで(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2009

[TRPG] DX3rdリプレイ2巻、読了

DX3rdリプレイ ジェネシス2巻 日常のボーダーライン、読み終わりました。ぱっと思いついたことをつらつらと。

まずは神月先生最高(笑) 成長時のエフェクトのとり方とかその使い方とか。DX3rdを心底楽しんでるなぁという感じです。ちゃんとシステムの中で自分のキャラを確立して、うまく使ってますねー。これは参考になる。

あとがきでも触れられているように、今回はかなり凝ったシナリオになってますね。シナリオ、というよりもミニゲームというほうがしっくりくるくらい。私がこれを参考にできるようになるにはまだかなり遠いな(笑)

ロイスの”感情”というところでついシノビガミと比較してしまったり(笑) 一部分だけを抜き出して単純に比較するものではないとは思いつつも、つい (^^; ロイス/タイタスのシステム、キャラ間感情を表現するのにはいいシステムだなぁと思ってましたが、シノビガミの方がよりシステマチックというか、データがゲーム的な意味を持つという点では強いかなと(どちらが上とか下ではなく、システム色が強い、というだけです)。ポジティブとネガティブのどちらを選んだかはキャラの表現にとどまってしまいますからね。とはいえ、この辺もギミックに組み込んだシナリオはかなり面白いですね。

やっぱり戦闘が派手だなぁ(^^; エフェクトの組み立てとかその応酬とか見ていると、バトルテックのメックを作るイメージでやったほうがいいのかもしれないなぁと。射程、効果範囲、使用タイミングなどなど、エフェクトを個々の”武器”として考えたほうがしっくりきます。なるほどなるほど。自分の中での気の持ちようなんですが、それだけでもずいぶんと変わってくる気がするから不思議です(←単純な人w)

公式NPCの使い方がDX3rdというか、FEARのゲーム全般の特徴なのかなと思ってみたり。「全般」っていっても他のシステムもすべて把握しているわけではなく、むしろ全然知らないくらいなのですが、くいっくすたーとを読んだ感じで「たぶんDXだけではないんだろうなぁ」という漠然としたイメージなのですが。自分がPLとして参加しているときに、有名NPCが出てくるとやっぱり嬉しいものなんだろうなぁと思うと同時に、有名NPCについてはある程度知っておかないと置いてきぼりになっちゃう危険性もあるなぁと。そのあたり、神月先生はうまくプレイされていたと思うので、これまた参考になるかな。

というわけで、まとめると「神月先生、最高です」ということで(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2009

[TRPG] 幸せならキー叩こう ~読むのは空気ではなくテキストだから~

ものすごい遅いレスポンス&ちょっと趣旨ずれで恐縮なのですが。

会話するゲームでは、他人の顔が見えるという事は結構な情報量を含むものかもわからんね(knsrの日記)

私と一緒にオンセされた方はご存知かと思いますが、とにかくずっとしゃべって(発言して)ます。毎回「うるさくてすみません」というくらい(^^;

オンラインセッション、それもテキストチャットの場合、どんなにモニタの前で爆笑してたって相手には伝わらないわけですよ。「今の、思わず吹き出しちゃったよ(笑)」というときだって、キーを打って発言しなければわからない。当たり前のことなんですが。

これを意識したのはデモンパラサイトの源平鬼御魂を読んでからです。GM(友野詳氏)の描写に対してPL(鈴吹太郎氏)が「ぶははっ、おもしろい!」と受けているシーンで、「ちゃんと口に出して伝えるのはコミュニケーションのゲームであるTRPGでとっても重要なんだよね」という脚注がついていました (P.22)。

オンセをテキストチャットでやるようになってから、「こりゃ、空気を読むなんてのは無理だな」と思いまして。ちょうどそのころこの本を読んだんじゃないかと思います。「あー、そうだよね」と。だったらオフセと同じくらい、いや、オフセだと声に出さないようなことでもがんがん発言すればいいじゃないかと・・・思考が単純ですみません(^^;

だから笑ったときは「w」だけでも打ちますし、うまい演出には思いっきり反応します。逆にわからないこととかは(それこそ空気読まずに)聞きます。なので、テキストに出ている反応がそのままモニタの前のB.Wの反応です。・・・うるさいやつでしょ?(笑)

とはいえ。

あまり”ちゃちゃ入れ”やら”(笑)マーク”でテキストを流してしまうのも考え物でして、そのへんどうしたものかなぁと思っていたのですが。

現在やっているシノビガミセッションでは、表をどどんとふ、裏をIRCの2つでセッションをしています。はじめてやりましたが、これ、いいですね。裏でガンガン発言できます。えぇ、そりゃもう、ずっとしゃべってますよ(笑) シーンプレイヤーがあるシステムではこの方法がいいですね。表に遠慮なくしゃべれるので(^^;

一方、りゅうたまとかは全部表でしゃべっちゃってもいいかなぁと思ってまして。その方が卓そのままの雰囲気って感じがして私は好きかも、ってだけですが。

なんだろ、シーン制のシステムだとPC/PLの分離がはっきりしているというか・・・シーンに出ていないときはPLとしてがんがんしゃべりたいだけなんですけどね(笑)

ちょっと話がそれちゃいましたが。

もちろん、この記事の内容は「私がそうしている」というだけであって、余計な発言はうるさいからいらないという方もいらっしゃると思います。
そういうときは
「あー、もううるさいからちょっと黙ってて」
とか
「お前が楽しんでるのは十分わかったからいちいち反応しなくていいよ」
と遠慮なくおっしゃってください。
というか、言っていただかないと気づきませんので・・・。


あー、そうそう。この延長で、セッションに参加したときは日記やらブログやらでやたらと反芻してます。なんていうかな、楽しいのはセッション中だけじゃなくて、セッション外の時間でもPL同士で話をしたり、次どうしようって考えたりとか、その辺も含めて全部だと思うんですよね。何日かに分けてセッションをするテキストオンセならなおさらそういうのが楽しいと思うんです。

そんなわけで、うるさいやつですが今後もよろしくお願いします(^^;>みなさま

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2009

[TRPG] シノビガミ弐

シノビガミリプレイ弐 刃魔激突、読み終わりました。とりあえずリプレイ部分のみですが。

・・・こういう展開、弱いんだよなー。会社の昼休みに読んでたのに涙ぐみそうになってしまいました。うちで夜ひとりで読んでたらもうダメだったな。

えー、ネタバレしないように雰囲気だけ表しますと、
「ぶっ(笑)」「え~?!(驚)」「うーあー(涙)」
という感じ。
冒頭の部分、新規参入の七原しえさんのキャラクターメイキングシーンはかなり笑えました。

えーっと、これ以上は書けないな(^^; 気持ちが落ち着いたらルールパートも読もうと思います。

***

シノビガミは現在オンラインセッション中です。10月半ばに始まったセッションですが、間に長いインターバルが入ってしまったりで、現在クライマックスの戦闘中。キャラメイキング時にいろいろ勘違いしていたり、セッション中もとるべき行動を間違えたりとかなりテンパってました。GMや他のみなさんに迷惑かけちゃったなぁ。反省。

クライマックスに至るまでのメインフェイズでは、
1サイクル目:パステルカラーのラブコメ
2サイクル目:暗闇での駆け引き
3サイクル目:各自の目的達成のためのぶつかり合い
と、サイクルごとに異なった様相でめまぐるしく状況が変わりました。

幸い、先に書いたように間に時間がありましたので、現状やこれからの方針、演出なんかを考える時間が取れたのがありがたかったですね。オフラインで1日セッションだったら、こうはいかなかったかも。

なんとかいいエンディングにもっていけるように、頑張ろうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧